中央薬局 HOME > 中央薬局のこだわり

中央薬局のこだわり

患者様はお客様

中央薬局の職員は医療人としての自覚と責任感をもって日々業務を遂行しています。
特に大切にしていることは、中央薬局に来局される患者様はお客様であるという意識です。
銀行の案内係やホテルのコンシェルジュのようにきめ細かいサービスができるようホールに案内係を置いています。案内係は薬局助手や事務の職員が担当し、お客様目線で物事を考え行動するようにしています。
例えば、長い間お待ちになっている患者様に声かけし、薬剤師にあと何番目で、どれくらいの時間でできるのか確認する。待合室にはミネラルウォーターを設置し、お水のサービスをする。暑い時期には冷たいおしぼりを配る。クリスマスにはささやかなプレゼントを配るなど、中央薬局をご利用いただく方々に心地よいと感じて頂ける空間づくりに努めています。気分の悪そうな方、ケガなどで痛みのある方、お急ぎの方など情報を事前に知ることにより薬剤師の服薬指導の方法やコミュニケーションの取り方も変えることができます。きめ細かいサービスを提供する・・・それは薬局でも当たり前の事だと考えます。

地域と共にある“まちの薬局”だからこそすべきことがある

私たちは地域医療を支える薬局でありたいという理念を果たすため、平成6年9月より在宅医療への参画を開始し、 薬剤師による在宅服薬指導を行っています。通院・来局が困難な患者さんの内服関係をサポートする場合、 実際に患者さんのご自宅を訪問し、生活環境を含めてのアドバイスに心がけています。 一人一人の状況にあったオーダーメイドな調剤・服薬指導に気をつけています。 薬はきちんと服用できておられるのか? どの薬が残ったままになっているのか? 管理方法に問題はないか? 副作用の症状はあらわれていないか? 複数の医療機関から薬をもらっておられる場合は、特に確認しながら飲み忘れなどがないか 服用方法などの工夫を患者さんやご家族と一緒になって考えます。 例えばコンプライアンスが悪い場合には一包化にしたり、投薬カレンダーの利用を提案しています。 残薬がある場合には、在宅薬剤管理指導を依頼した医師に報告して次回の処方日数を調整してもらう事により 薬代の削減につながる様に対応しています。