中央薬局 HOME > 中央薬局で働く魅力

中央薬局で働く魅力

中央薬局ってこんなにイイ所!
働きやすい
開局時間が平日9:00~19:00です。
シフト制を採用しているため為、勤務時間終了後はプライベートを楽しむ事ができます。また、薬局助手が2名、事務が3名在籍しており薬剤師が服薬指導に集中できるようにサポートしてくれています。
楽しい
職員数は10名です。コミュニケーションがよくとれていて、チームワークの良い職場です。1年に2回職員同士を表彰する制度も開催しており、お互いを認め合える環境づくりをすることでモチベーションも高まり、全職員がのびのびと働ける職場です。
やりがい
職員はバランススコアカード(BSC)を使って、毎年事業計画をたて、経営に参画しています。自分たちの薬局の強み・弱みを分析し、財務・顧客・業務プロセス・学習と成長の4つの視点で戦略目標を考え、日々の業務に落とし込んでいます。
患者様だけではなく私たち自身も満足のできる薬局づくりに努めています。
このBSCに取り組むようになってから、何をどうのようにすれば良いのか!今すべきことは何か!が明確になり、自分たちの仕事により一層のやりがいが生まれました。
認定実務実習指導薬剤師
 現在、日本の薬学教育(6年制)では、病院および薬局における各11週の長期実務実習が義務付けられており、当社でも薬剤師養成の一環として薬学生の実務実習を受け入れています。

当社では、薬剤師の個々の能力を向上させて地域医療に貢献することができる人材を育成することに力を注いでいます。また、未来の薬剤師像を頭に描きながら、技術や知識を次世代の薬剤師へ継承していくことも大切な役目だと考えています。

実習生が窓口にて対応する際は、経験不足のために至らぬ点があるかと思いますが、当社では地域医療を守る薬剤師の卵たちを大切に育てていきたいと考えております。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

6年生の薬学生実務実習の受け入れ薬局として培ってきたノウハウを生かすことで、新卒、中途問わず着実に知識や技術を身につけて頂ける仕組みを構築しています。安心して働くことのできる環境があります。

学びたいことを学べる
年間スケジュールに基づいた研修や勉強会のほかに、 私たちは職員が希望する勉強会も頻繁に開催しています。 新しい医薬品の知識や難病に関する知識など、職員が学びたいと思う内容があればすぐに手配。
製薬会社と合同で勉強会を開催することも多く、自由に学べる機会が多いことが一人ひとりの成長へとつながっています。
病院が近くにあるから勉強できる・交流できる
中央薬局から歩いて1分のところに、東大阪病院があります。東大阪病院は多くの診療科に加え、透析施設を有しています。そのため処方箋の種類も多く様々な薬の知識を学ぶことができます。研修も合同で実施するため、薬局に居ながらにして他職種との交流も盛んです。病院管理栄養士からの要望で、当局では特殊な調味料を取り揃える等、“困った時は中央薬局へいこう”と思って頂けるように努めています。最近では、近隣のスーパーの店員さんから特殊調味料を求めて来店されたお客様を紹介してくれることもあるほどです。